2013年05月19日

おへんじ0519


↓に投稿しました「文花事件」の感想お返事です。
さっそくありがとうございます!
ネタバレありますので「続きを読む」からにしておきますね。
続きを読む
posted by 村人。 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2013年01月06日

おへんじ20130106


>>記録的な売上
>主な販売先:メイドの居る洋館、医者の居る屋敷、お寺の住人達、魔法使い、一部の里の住人、執筆家、河童、天狗(お客様のプライバシーの為個人名は伏せさせていただきます):文々。新聞

>ある新聞:報告に行った天狗が翌日非常に頼りない動きで家に帰る姿が目撃されています。
>この事に関してHH氏は「し、知らない…わよ………」とだけ残し真っ赤な顔で去っていきました。最後に何か小さく言っていた気もしますが、聞き取れませんでした。今後の展開に目が離せません。


>椛饅頭、妖怪の山中腹の椛FC経営の店舗にて販売中。1個500円(肖像使用料350円)
>静葉「精一杯もみじの力を注入しました」

>あやはたなにこれ和む。
>おそろのマフラーなのか、一本マフラーなのか、それが最大の、いわば問題だ。
>この構図、マリアリやももせなでもあんまり違和感がなさそうな感じがしますね。
>勿論マリやももが左側で。



かなり広い範囲に広がってるじゃないですかなにそれこわい
アリスですからね必然ですね
地底に広がらなかったのがせめてもの救いでしょうか……

いやー今年もあやはたやっていきたいですね。ますます気分はあやはたです。
はたてさんかわいい。
うふふ

いわゆる二人マフラーでございます。いいですよねラブラブいちゃいちゃ。
マリアリも背中合わせ合いそうですが、でもマリアリはそれ以上に向き合ってるのが似合う感じ!
ももせなは同じ方向に向いてるのが似合いそう!
posted by 村人。 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年12月09日

おへんじ20121209


>アリスかわいい
>魔理沙可愛い
>ぶれないパッチュさん。
>この月刊紙には巻末に体験談がありそうで。
>なお、この冊子は被写体の意向により完全予約&会員制となっております的な
>1〜6は誰なのか。
>もみじまんじゅう。

三魔女かわいい!
みんなかわいい!
はたしてなんの体験談なのか。ちょっと気になりますね。わたし気になります。
限定とか言われるとかえって欲しくなりますよね。はぁはぁふぅ
この7月号だけで記録的な売上を出したとかなんとか。
もみじまんじゅうほしいです。
posted by 村人。 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年11月25日

おへんじ20121125

>ラスト九百フレーム読ませていただきました。読み終えた時に凄く美味しい料理をお腹いっぱい食べた時のような満足感を得られました。本当に傑作でした!!
>素晴らしい作品に出会えさせて頂きありがとうございました。

わあ……!
ありがとうございます。そこまで言ってもらえてなんかもう感激です!
にふ……基本的にははたてさんの念写能力を描くためのお話でしたが、伏線に伏線を重ねた結果、こんな展開になりまして。こういうのって書いてる方も気持ちいいんですよね……!
posted by 村人。 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年09月23日

おへんじ0923


>こんにちは。七大罪分類法では怠惰に属する魔界西部在住の下級悪魔です。
>最近の魔界は新透明高速転送道が開通したり、交通の便が良くなりましたね。
>不死山静寂の丘ワープポータルの利用率があまり良くないので新透明の経済効果に期待しています。

>ラー油SSは面白かったです。
>聖さんの魚魔法が幻想郷じゃあまり使い道がないということは、彼女が主に使うのは大規模な回遊を行う魚類でしょうか?
>確かに攻撃魔法との相性もいいですね。カジキやマグロなど速いタイプの魚は射撃系等の弾速上昇効果、大きな群を作るタイプの魚は複数の魔法の同時制御に効果があるらしいですから。
>ただ、アリスさんが魚魔法をしらないのには驚きました。ウナギ魔法は身体強化魔法に高い効果があると一般にも広く知られていると思っていたので……。
>パイ生地に練りこんで手軽に使用できるようにした為に、お菓子として食べられているのが原因でしょうか?
>お茶魔法と言えば魔法防御上昇効果ですよね。悪魔的には簡単に追い払われては困るので一般的ですね。魔界のお茶の生産量が多いのはそれが理由だって祖母から聞いたことがあります。
>人間がこの魔法を使うと病魔を退けたり、精神安定に効果があるため悪魔としてはあんまり知られたくないのですがw


ふおっ! まさか本物の悪魔さんから拍手をいただけるとは! サインください!
すみませんいつもネタにしてすみません! これも魔界への愛だと思っていただければ!
西部はいいですよね。西部のお祭りはいつも音楽に溢れていて、異世界に来たんだなあという気分に浸れます。西部には姫海棠ならぬ姫街道もありますしね!
透明とはさすが魔界……テクノロジー極まってますね。魔界のさらなる発展には本当に期待しております。

ラー油楽しんでいただけまして何よりです!
僕も書いてて楽しかったですというかかなりテンションおかしかったです!
幻想郷ではやはり本命マグロが取れませんからね。かなりの痛手です。使い勝手では最高なのですが。いえ僕はあまり詳しくはないのですが、聖さんがそう言ってました。
それにしてもさすが本職の悪魔さん、詳しいです。勉強になります。もう少し魚魔法について勉強してから書くべきでした。いやまじで。
アリスさんは中央都市部の人なので、自然との関わりには少し疏いようです。仕方ないですね。ものの由来というのは都市に行くほど忘れられていくものです。幻想郷に行く事で、地元のことについても勉強になるというのは素敵なことですね。
お茶の魔法については僕も詳しいですよ、うふふ。毎年魔界西部の<ヘブンズ・ドラゴン>からお茶を取り寄せているだけはあるのです。それにしても悪魔さんの自衛のためであるとは、知りませんでした。人間にも強力。諸刃の剣というやつですね!

#正直、初見で激しく吹いた村人。
posted by 村人。 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年09月09日

おへんじ20120909


>拍手ではお久しぶりです! 同じことを先月も書いた気がします! ひぃ!

>なんかタイトルが卑猥! ラー油なので飲んでしまうと別の意味で不健全ですが!
>辣茶……ラーティ……覚えましたし。元ネタの方を詳しく知りませんが。
>お茶というよりスープみたいな味になりそうですよね。

>エスパーといえば心を読める妖怪がいましたけどやっぱりアリスも咲夜さんも怖いと思うのでしょうか。アリスはともかく咲夜さんは本当に怖がっているのか謎ですが。
>思考回路が虚数次元なのでさとり様でも読み切れないという可能性も。
>坦々麺とかならラー油を大量に使えないかと思いつつ。一杯食べただけでギブアップしてしまいそうですが。

>>魔界の叡智を集めてなお
>アリス一人を呼んで「魔界の叡智」というあたり咲夜さんがアリスを物凄く評価していることが見え隠れしますね。
>ラー油を武器に。どこかのパンをもじったヒーローみたく目潰しに使えるかもしれません。あとは地面に撒いてスリップを狙うか。

>褒められたり頼られたりすると弱いアリスさんかわいい

>魔法≒料理
>と思いきや出来上がったものは追尾ミサイル強化丸薬。どうやって丸薬で強化するのかが気になります。魔力のベクトルなり性質なりが変わるのでしょうか。
>>鈴木シェフ
>やっぱり魔法は実はただの料理である可能性が

>お嬢様は強がっている様が似合いすぎます。咲夜さんはそれを十二分に理解しているから若干扱いが酷いのですね。
>アリスが頭を撫でに行ったらツンデレ的な怒り方をしそうです。

>咲夜さんの感覚がずれているせいで妖精メイドが量産され続けるという仕様。お嬢様も止めに入らないのでしょうか。

>もうひと月前のおへんじですけどキロ単位を素で見落とすとかどうしたんでしょうね私。500kWを家庭用レンジで使っていたらエネルギー問題は今ほど悠長なことを言ってられないことでしょう。

>byアリスさんが人里に馴染む際に近くにいた魔理沙が葛藤していたらいいなーと思うmist

毎度です! 村人。です! ちゃーす! キラッ☆
(間違ったテンション ここまで)

例によってタイトルは思い浮かばなくてもうアドリブです。反省してます。咲夜さんならラー油くらい飲めそうですが意外とまるで普通の人間っぽい体質のようでした。
たぶんお茶にどんな配合でラー油入れても惨劇にしかなりませんけどね!

アリスさんはやっぱり怖がりそうです。もっとも人間っぽい妖怪さんですし。
咲夜さんはさとり様のほうが怖がります。

咲夜さんは魔界に畏怖の念を抱いておりますし、魔界の中心部出身というだけでアリスさんのことは(必要以上に)ハイスペックだと思い込んでいるに違いありません。たぶん自分が持っているテクニックくらい本当はアリスにとっては小学校低学年の頃に学んだよレベルなんだろうと思っているに違いありません。でもそんなのをまるで表に出さないアリスすごい。恐ろしい。
えーかつて影牢という名作ゲームがありまして。アブラカビンとかよく使ったものです。彼女ならラー油くらいトラップとして使いこなせるでしょう。
結論:アリスさんかわいい

クスリですから、飲むと特定の集中力が上がるとかなんとかきっと(適当)
創作魔法という新ジャンルなので料理と間違えられやすいみたいです。全然違うのにね。えーと魔法って名前がついてるところとか。

最近お嬢様のポジションがなんか安定してきましたね可哀想ですね。
と思いましたが可哀想なのは割と昔からでしたね……
しかし本人が自分がそこまで大変だとは思ってないポジティブ思考なのでバランスが保たれてますね。よかったですね。どこまで大丈夫か実験してはいけませんよ咲夜さん。

お嬢様はとりあえず咲夜さんの好きなようにさせているようです。なんといっても仕事に限定していえば超優秀で仕事っぷりに限定していえば文句なしなので、きっと使えない妖精メイドが増えているのも「深い考えがあるのだろう」と超前向きに捉えてます。
ってこんな話書いてみると面白そうですねうふふ。

アリスさんが人里に慣れていくのは嬉しいことだけど、相対的に自分の存在感が低くなっていくことがちょっとさみしかったりするんですねわかります大好きですよそういう葛藤わかります
posted by 村人。 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年08月27日

おへんじ0827


>村人。先生、質問です
>つっこまないで良い所はどこですか?

>アリスさんの胃がちょっと心配になる怒涛の展開でした

>ラー油余りと聞いて、解決策は食べラーかなって思ってたので外れて少し残念です
>ごはん食全盛の幻想郷なら一大ブームを巻き起こして、ラー油余り解決どころか逆にオイルショックならぬラー油ショックが起こりそうですよね
>ラー油マネーに支配される幻想郷とか、ラー油プラントを標的にしたテロとか、ラー油に代わる代替調味料の開発とかすごい迷作の予感がします

>他には怖がられて落ち込むアリスがかわいかったです
>あんがい人形劇を始めたのも怖がられたのが原因かもしれませんね
>どうすれば怖がられないかを必死に考えるアリスとか、村の縁日で恐る恐る人形劇を始めるアリスとか、見てくれる人が少なくてへこむアリスとか、子供にまた来てねって言われてちょっと泣きそうになるアリスとか(ry
>妄想がふくらみます

咲夜「突っ込まないでいいところ? そうね、このお口だけは許してあげようかしら。可愛い声が聞けなくなるのは寂しいからね?」
アリス「そういう意味じゃないから」

アリスさんは幻想郷に来てから毎日こんな感じなので慣れてます。大丈夫です。
都会育ちだからある意味世間知らずだったんだな自分は、と心を入れ替えて勉強中です。たぶんそんな感じの。

うふふ。もちろん食べるラー油や飲むラー油のことは頭を過ぎりましたが、とりあえずカオスな展開を優先させました。ラー油である意味はどこにあったんでしょう的なアレですが。
そして僕にはそこまで壮大な物語は思いつきませんでした。このあたりが僕の限界ですね! 日常物語かせいせい一人二人の人生イベントの範囲を飛び越えません!

アリスさんが人里に馴染むまでのストーリー、面白そうですね。見たこともないですし、是非読んでみたいです。悪戦苦闘しつつめげず頑張るアリスさんはさぞかし美しく可愛いことでしょう……!
posted by 村人。 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年08月19日

おへんじ20120819

今日は短いので独立記事にするほどでもないとは思いましたが、一応パターンを踏襲して!
ありがとうございます!

>やばい、モケーレアリスがかわいすぎてピチュる

このようにアリスは何をしても可愛いのですね
パチュリーさんの研究もはかどりますね!
優勝賞品としてメイド体験1ヶ月無料コースだそうです。おめでとうございます
posted by 村人。 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年08月05日

おへんじ0805

>更新以上に久しぶりの拍手ですー!
>いやほんとすみません……

>パチュリーさんが七夕のイベントを見かけることがあったって以前どこに住んでいたんだとツッコみたくなるのですが私だけでしょうか。カオスワールド魔界に行ったことも無いみたいですし。お嬢様は魔界にいる頃に見ていた可能性もありますが。
>織姫ズが天界の住人と考えると元々働いていたのかが疑問ですが。そもそも天界に仕事という概念があるのかが謎。
>改めて七夕伝承を見て
>織姫ズ「「ちゅっちゅ」」→神様「リア充爆発しろ」→離れ離れに
>という妄想がよぎったのですがこの書き方だと七夕が突然百合イベントに。
>人類の進化に喩えられる咲夜さん流石です。
>>240kW
>電子レンジが500kWモードを標準搭載していることを考えればもはや瀕死レベルだと思うのですが、とマジレス。元気に動き回るなら直感的にも単位がメガかギガでないと。
>ドヤ顔しようとしてことごとくパチュリーさんに躱される魔理沙かわいい。そして中級者向けで頼むというフレーズが地味にツボです。
>魔理沙はロマンチストね

>by拍手おへんじの応酬がしばらくなかったせいではたてさんかわいい成分が不足がちなmist


いやむしろ更新してないのに拍手もなにもなのですが!
すみませんありがとうございます!

パチュリーさんも紅魔館に住む前は放浪していたイメージがあるのですよ。まだ描いたことはありませんが。咲夜さんと同じく過去が謎な子。
パチュリーさんが初めて紅魔館に来た頃の話は書きたいと思ってますしまとまりつつはあります。最近ここからが長いんですが!

天界も昔は厳しかったんじゃないでしょうか。
時代が下るにつれてだんだん貴族階級みたいになっていって……
そして特権階級になったところで、これ以上住民が増えても困るなーってことで非常に審査を厳しくて新人が入りにくくしたのでしょう。
ここまで妄想。
七夕が百合だっていいじゃない! 素敵じゃない!

さらにマジレスすると電子レンジは500Wであって決してキロワットではございません。
なお240kWというと、常時この出力の発電だとするとだいたい300世帯分くらいをまかなえるくらいの出力です。ごくごく小型の水力発電所と同じくらいあります。
魔法の力って、瞬間的にはそれくらいは出てそうですよね、というかそれくらいは出ないと攻撃にはならなさそうです

魔理沙には容赦なく意地悪なパチュリーさんかわいい
それでも頑張る魔理沙さんかわいい
きっと「二人はやっぱり仲いいなあ」なんて思ってるアリスさんかわいい

はたてさんかわいい(結論
posted by 村人。 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年05月29日

おへんじは食べてもいい人類だって言い伝えが……


はい! すっごい遅いお返事です!
例大祭の(お買い物の)準備に全精力を注いでました。例大祭は遊びじゃないんだよっ!
そして現在は例大祭の戦利品をほかほか楽しんでます。
楽しんでます。

君の美術館の「橙と君の神隠し」が素晴らしくて激ハマリ中です。
これに感想を送るために絵を書こうと思っているのですが素晴らしすぎて下手なものは描けないなあとかってにプレッシャーに思ってるくらいに。


>遅ればせながら前回更新分の拍手です! 送ったつもりになっていましたごめんなさい!
>そして同じく遅ればせながらコミティアお疲れさまでした! 色々お世話になりました!
>というわけで更新日に書いた文とそうでない文が混在していてテンションがおかしくなってますがお気になさらず。

>不意打ちですよ! マリアリ! マリアリ! ふおおおおおお!!!
>久しぶりの三丁目名物あまあまマリアリひゃああああああ!!!!!!

>……はい。落ち着きました。全く、ラブラブですね。ラブラブですね! もっとやれ!
>ついったで伏線がありましたがまさか即日完成とは。びっくりしました。

>四国旅行お疲れさまでしたー。おうどんたべたい。
>長文拍手が多いですし列車の中で全部は厳しいと思いますです。

>優等生でぼっちなはたてさんですね。文以外とはまともに会話も出来ないのに文には素直になれずにあたってしまうはたてさんかわいい。
>しかし某書籍では……しくしく。はたてさんのぼっちっぷりが露呈されていましたね。

>ネタバレ解禁きた! これで勝つる! 何にでしょうね。
>百瀬くん「千種は押されると断れない節があるから……」
>せなさん「百瀬は色々な方面から狙われているから。危ない。」
>つまり二人とも危なっかしいので誰かが守ってあげないといけませんね。生徒会とか数学部とかが。
>十和田さん「外は危ないから数学部にきなよ! 歓迎するよ! 外からの魔の手から"は"守ってあげるから!」

>常識人ということに疑問を持たれるくらいに百瀬くん。
>百瀬くんもきちんとせなさんの魅力を引き出してはいるのですが、せなさんが百瀬くんから引き出す魅力が大きすぎて相対的に見えづらいというお話。
>十和田さんか仮に警察のお世話になっても格子の中で素晴らしい理論を構築して、出てからそれを実践してくれることでしょう。

>五十嵐くんの氷を溶かしていくラブコメ「ももせな。アナザー」がまた刊行されるわけですね、わかります。
>百瀬くん「で」遊びたい、ですか。仕方ありませんね。

>by同じく百瀬くんで遊びたいmist

こちらこそ遅くてごめんなさい!
というかいつもありがとうございますー!
コミティアってもうアレですよね3週間以上前ですねひいい
お疲れ様でした。お世話になりましたですよー。予告通りものすごく暇だったと思いますが!

まりありきっす。ちゅっちゅ。
マリアリ画像を集めているうちに我慢できなくなって自分でも勢いで! という感じでもありました。ストーリーとかなにも考えずにただちゅっちゅ。
たまにはそんなのもいいですよね。

四国! これにいたってはすでに一ヶ月前ですねびっくり。
楽しんで参りましたとも、ええ。いろいろありました。きっとまた行く機会もあるでしょう!

はたてさんは真面目で、ある種頭もいい子だと思うのですよ。
本当はこのあたりをしっかり描いた話を……書いて、いた、はずだったのですが。不思議ですね。いつまでも出て来ませんね。
はたてさんは文を通じて世界を広げていけばいいのですよ!
本人が世界を広げることを希望しているかどうかはわかりませんが。
なんだか先日描いた燐空の関係に似てますねそれ。僕はそういうのが好きなんでしょうかわかりません。

ここからももせな。
百瀬君は守らなくてもいいと思います。もっとやられてください。
本気で百瀬君をアレするような度胸はきっと誰にもないでしょう。きっとみんな、「この千種さんが本気で怒ったらどうなるんだろう」とどこか恐れて……
千種さんは百瀬君が過剰なくらい守ってくれるので大丈夫でしょう。……大丈夫…………大丈夫かな……
数学部や生徒会は心強い味方ですね。強い連帯感があるので他の誰かの魔の手からはしっかり守ってくれる。まあ多少の成功報酬くらいは許してあげてもいいのではないでしょうかうふふふうふふ
まあヒロインですから可愛いのは当然ですよね。百瀬君。
いやもうそういうことでいいと思いますいっそ。このジャンルはまだ開拓されていない世界。あとは誰かが続いてくれるのを待ちましょう――
posted by 村人。 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年05月02日

四面楚歌おへんじ

はい! また遅くなってすみません!
今度は体調不良ではなくて旅行準備とかお絵かきとか色々やってました!
お絵かきはえっちいのばっかりいくつか描いてました!
描きかけもありますがこのまま旅行行ってしまいます!
というかただいま四国旅行中に書いております! 列車(決して電車ではない)の発車待ちの間に!
(書き始めはそうだったのですが、結局帰ってきてから続き書いてます……)

5月5日はコミティアです! ひ03b「三丁目」です!
よろしくおねがいしますねー!



> 風邪完治おめでとうございます。その節についてはこちらも無理をさせてしまってすみませんでした。GWまで長引くような異常事態は避けられて何よりです。

>あやはた中心の学園モノは確かにあまり見ないですね。はたてさんが学校に登校しないからでしょうか。え、そんなことない?
>文先輩限定構ってちゃんのはたてさんですか素晴らしすぎます。なんだかんだ邪険に扱えない文先輩も素敵です。

>(続きますがやはりももせな。アフターのネタバレを含みます)

ありがとうございますー! ご迷惑をおかけいたしましたー!
なんとか連休は元気に過ごせそうです!
最後にコミティアも待ってますしね!!

はたてさんは学校に行かないほど重症ではないと思うのですが、そんな作品もあってもおかしくはなさそうです。
どちらかといえば学校はちゃんと行ってる優等生だけど、文以外とはほとんど絡まない感じの。
そしてその文は誰とでも絡むからどうしても置いてけぼりの気分になってうぎぎと悔しがってるのですね。それでも文から離れられないはたてさんかわいい。



> ※以下ももせな。アフターのお話


>せなさんの存在感も結構なものなはずですが、百瀬くんの存在感が強すぎて控えめに見える不思議。
>恋する男の子も可愛くなるのですか納得です。もっといちゃついてもっと可愛くなればいいのでは。そう言えば名前で呼び合う段階にはまだないんですねふふふ。周りの皆さんが背中を押して上げないと。

>ボケツッコミは相対的なはずなのに三丁目には絶対的ツッコミ属性キャラが多いですねってデジャヴ?
>可愛がりたくなる何かって二三会話をしないとわからないのでは、とまで考えてそう言えば隣にせなさんがいることを思い出しました。せなさんと一緒なら可愛いオーラが当社比10割増くらいですもんね。
>今までの偉人はどこかしら変わりすぎている点がある傾向が強いですし、ここから十和田さんの偉大な数学博士への道が開かれるのかもしれませんが。数学博士で可愛くてどんなプレイでもやってくれる(強制)だなんて最高ですね。せなさんがいなければ十和田さんに傾いたのかしら。
>百瀬くんに可愛がりたいオーラがあるように、せなさんには幸せになって欲しいオーラが漂っているわけですね。五十嵐くんにも幸せになって欲しいですが、上手く行きそうになると途端に冷めてしまう傾向が強そうで心配です。
>一宮さんと十和田さんは属性がかなり近い印象もありますからね。ももせなを間近で楽しみ続ける二人は毎日楽しそうですね。うらやましい。
>百瀬くんは完全に身体は正直なタイプですもんね(意味深)。口でなんと言っていても全部顔に書いてありますからねぇ。
>「上納金」にも笑いましたが、こちらの流れは無印で何度か目にしていたので。しかしアフターではせなさんの金銭ネタは3回ほどしかないようですね。……「しか」?

>踏み越えた展開は一年後の大学編になるのでしょうか楽しみです。何年たってもイチャラブし続けて二人の子供に呆れられるといいと思います!


>※ネタバレここまで

>byでもウエディングドレス姿で十和田さんに攫われる百瀬くんも見てみたいmist

まあもうネタバレはいいでしょう問題ないでしょう! ということでオープン。
引き続きありがとうございます! やっぱり百瀬君の一人称という形が百瀬君をヒロイン化させている感があるので、今回はその形式を一部破ったわけです。千種さんをもう少し! もう少し!
いや何度も言ってきたことですが普通は一人称主人公が一番の萌えキャラという状況はあんまりないと思うのですが。本来。でも可愛がっていただけるのは本当に嬉しいです幸せです。ほわほわ。
百瀬君これ以上可愛くなっちゃったら千種さんも大変ですね。ちゃんと守ってあげないと色んなところから魔の手が。主に数学部あたりから。いいぞもっとやr

常識人はツッコミサイドにまわるのは基本原則ですしね。常識人……うん? いやまあ。よしとしましょう。でもたまにツッコミに対してツッコミを入れられる百瀬君。
やっぱりラブラブパワーは人を思い切り可愛くしますから。間違いありません。これは、ええ、真理です。というか百瀬君の可愛さは色々と空回ってるところなので、隣に誰かがいることで輝くのです。特に千種さんは百瀬君の魅力を引き出すのがうまいのですね。
十和田さんの未来はいやー楽しみですね実に。警察に捕まらなければいいのですが。まあ、うまいことやってくれるでしょう。千種さんがいなかったら普通に知り合いのままだったでしょうし、なかなか難しい仮定ですね。そもそも十和田さんがこんな子になってしまったのは元はといえば百瀬君のせいなので責任を(ry
十和田さんならきっと本気で「飼って」くれそうです。うらやましいですね。

もしこの話が何冊も続くほどの長編になれば、五十嵐くんにももっと光が当たりそうですね。もう少し、しばらくはこんな感じなのかなと思いますが。
五十嵐くんを真剣に愛してくれる人が現れればもしくは氷も溶けるかも。
サブキャラの属性被りは僕も引き出しがすkげふげふん
東方オリキャラですら基本的にサブキャラのキャラ付けって方向性似てますからねあはは……あはは……
でも僕も百瀬君で遊びたいです。自然にそんな子が集まってくるのも仕方がないですね!

結婚してからもラブラブカップルって素敵ですよねえ
西洋ではそんなのが普通らしくて凄いなあと思います!



>ももせなああぁぁぁ!!

>第二巻を読ませていただきましたっ。相変わらずニマニマしっぱなしです。なにこれみんな可愛い。
>百瀬から見た瀬名さんの愛らしさが色々と限界突破してますが、Rや第一巻読み比べてみると、瀬名さんの発言内容はあんまり変化していないことに戦慄を覚えます。どれだけ長いこと「見ないふり」をしていたのか……。
>自分の気持ちに素直になるだけでこんなにも世界が違って見えるんですね。
>でも、百瀬君の世界観はあと二回変身を残している、って十和田さんが言ってました。

>十和田さんって、よく考えると結構不憫な娘ですよね。恋が始まっていた時には相手に恋人がいたとか。それはそれで燃えるなんてまさかそんな。
>「あたしが攫う」発言なんてかなり際どい本音に聞こえますが、瀬名さんの好意をスルーし続けた百瀬にさとれる訳がなかったですね。知ってました。
>本番で、本当に攫うか永遠に口を閉ざすかの二択に悩む十和田さん(22)が切ないです。

>>それぞれ違う方向で千種を愛する者同士
>どう見ても同一方向です。本当にがちらぶでした。
>メグちゃんがそっち系の人だったなんて。まさかの展開ですね(棒読み)
>女子三人でよく一緒にいるそうですが、もう一人の立場が非常に気になるところです。メグのライバルかメグ狙いか。
>いずれにしても百瀬が一番警戒しなければならないのは大学の軽薄な男性じゃなくて恋人の親友さんだと思います。

ももせなああああ!
ありがとうございます! 楽しんでいただけまして嬉しいです!!!
第二巻なんてほど長い話ではないですが! 短編ですね!
瀬名さんはつまり以前から恋人同士かのような会話をしていたことに。まあしてましたね! 百瀬君がアレじゃなければとっくに落ちてましたね!
やっぱり素直になることって大切です。ええ。ええ。ツンデレ百瀬君もいいものですが。素直とツンデレの良い感じのバランスをとっていただこうかと思います。今後は。

十和田さんはあれで幸せそうなのでいいような気もします。もし千種さんがいなければ恋愛関係もありえたでしょうか。ちょっと悩むところです! それはそれで面白い世界が待ってそうですけどね!
結婚式で(22)。大卒すぐ結婚ですねわかります。どれだけ待ち遠しかったのか。本当にさらっちゃったら大変なことになりそうですが、でもその頃には親戚全員が「まあ百瀬だから仕方がない……」と微笑ましく見守るくらい教育されてるかもしれませんね。

一宮さんにはこのまま生涯の親友でいてほしいところですね。
百瀬君がもし千種さんを泣かせたりしたら(想像できませんが)一宮さんが本気で殴りかかってくることでしょう。そして一宮さんが千種さんを慰めて、親友のその優しさに気づいた千種さんは(以下並行世界ルート



>お久しむらびーさん!
>時代は進んだようで、ももせなが表に出たようで。
>なんだか良く分からないのですがすごく嬉しいです!
>いつも通り何故か長くなる感想を、読んだ順にだらだら報告させてもらいます。
>・ももせくん可愛い。クラス替えのニヤニヤ感はちょっと分かるのでなおさらに気持ちがわかる。
>・十和田さんの表現が毎回じわじわと私を笑わせてきます。ぐぬぬ、次こそはと思うんですが非常に悔しい…w
>・結婚の一言で動揺しすぎるのにほんわかしてしまった。
>・Hな事からの責め具合が十和田さん素敵すぎです惚れました結婚してください
>・千種さんを今まで「ちだね」と読んでいた私をどうぞ罵って下さいももせくん。ここで「ちくさ」で変換したら出て一人で恥ずかしい思いしてました。
>・(なんだか化物語の「戦場ヶ原ひたぎ」に似てるかな、と思ったけどやはり千種さんは千種さんでした。キャラ立ちすげえ、ただの勘違いでした)
>・「だから、心臓が跳ねるようなことをさらりと言わないでください」って素直に反応してる百瀬くんマジ可愛い、マジ可愛い!賛同出来るからなおさらでやんす
>・考えてる事を物の見事に言い当てられてる百瀬ェ…。シャットダウン>デフラグの流れは吹かざるを得ませんでした。何故こうやって素敵な表現を思いつくのか…!
>・五十嵐くんすっきりしてるけれどぐぬぬ。うーん、この表現し辛い気持ちはなんなのでしょう…。
>・妄想の中ですらいい雰囲気にならないこの二人はやっぱり素敵だと思います。にやにやが続いて表情筋が痛い
>・「キャンディよりそっちのほうが」あたりなのですが、「揃いつつあの部室は」→「揃いつつあるあの部室は」でしょうか?(かなり曖昧なのですが)
>・呪いが解けたかのようにって表現は恋人に使うもんじゃねえ百瀬くん!w
>・相手のフォークってだけでpixivでの四行分動揺する、可愛い。(カタコト)
>・「恋人のようななにかだ」ちくしょう、またブフッとしてしまった…!
>・電話でもうニヤケが三日月レベルに到達しました。訴訟も辞さない…!(ニヤケつつ)
>・テフロンよくわからないのですがテフロン加工の流れは卑怯だと思いましたちくしょうっ…!w
>・「そういうのよくわからない」こういうちょっとした台詞でかわええかわええと感じてしまう。素直+クール系はニヤニヤの鋭さがやばいですね。

ありがとうございますー! 同人誌として出したというだけのことですけどね!
読んでくださいましてありがとうございますます。

・それはもう過去の生涯でもっともドキドキしたクラスチェンジでしょう。幸せでいいですね!
・十和田さんはいつでも絶好調です。セリフが勝手にどんどん出てきて、書いてて楽しいです。笑っていただけるのはほんとうに嬉しいですうふふ。
・動揺しない百瀬君なんて百瀬君ではありませんし!
・二人きりだったらあのあともっと言葉攻めが続いていたと思うと非常に惜しいことをしましたね百瀬君。一生記憶に残るくらいのことを言ってもらえたかもしれないのに。
・知らないと読みにくいですよね! 名古屋市にあるのです、千種区(ちくさく)が。
・いやはやごめんなさい。西尾維新っぽいとか化物語っぽいとか、過去にも何度か言われました。……いやはや……
・百瀬君可愛い。真理。以前だったら「またそんな冗談を……」って自分をごまかしていたでしょうけどね!!
・なんかこの手の小ネタのセリフは本当に勢いで出てきます。だいたい。時々、以前からこれを使うぞーと思っていたのをばしっとぶつけることもありますが。ほとんどはアドリブです!
・五十嵐くんは立場的には可哀想なのですが、本人がからっとしてるので悲壮感はまったくなく。そんなポジションですね。今後お話が長く続くようなら五十嵐くんにももっとちゃんとスポットを当ててあげないと、ですね。
・百瀬君は自分のツッコミで終わらないとどうしても落ち着かないようです。性分ですね。
・ぎゃー誤字ですかごめんなさい。ひー。ありがとうございます。そのまま本にしちゃいましたけど!
・動揺しない百瀬君なんて(ry
・ふっふー、電話のあたりのシーンはもうとどめを刺しに行きました。転げていただくために! ありがとうございます! あのあたりって自分でも転げてます!
・あ、はだかテフロンはなぜかストックされていたネタでした。割とどうでもいいところにたまにそんなことが。
・ふふ、千種さんの可愛いところも見せることができて嬉しいです。百瀬君ばかり目立ってましたし。ましたし!
posted by 村人。 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年04月15日

おへんじ1970

はい!
三週間ぶりでございます!
ずっと風邪ひいてて苦しみながらコミティア向けの原稿進めてました! 無事提出しましたのでちゃんと本は出ます。ももせな。アフターです。
既刊「ももせな。」もございます!



>ももせな第2巻、多分コミティアには行けなさそうな気がしますが。
>村人。さんの萌えcan、なぜか百瀬の方が人気でそうですね!
>数学部は恐ろしいところです。

>あやはたはどっちも新聞同好会で、勝った方が部になった時に部長というルールで熾烈な争いをしているのです。きっと。負けた方は副部長になって陰に日向にサポートします。
>東方で学園ものにすると皆さんのイメージで年齢が違って結構面白いですね!

>ペテン師様の絵は百瀬君は中性的で、村人。さんの絵は百瀬君はやや男の子よりなところに味があるんだと思います。

というわけでコミティアに来られない方でも大丈夫!
普通に全文公開いたしました!
もしかしてすでに感想くださってる方かもしれませんが!

なんという熱いライバルあやはた。そういうかっこいいのもいいですよね。
二人が付き合いだしたら負けたほうがウフフそんな展開もうふふ
ほとんどの場合文が勝ちそうですが。
なんだかんだで、二人とも同じ部活となればそれなりに協力し合いそうですよね。衝突しあいつつも、目的は同じという。かっこいい!

ありがとうございます。しかし百瀬君は僕も今回かなりショタっ子よりにしました! 正式に表紙を自分で描くことになったので少しでもペテン師さまのキャラデザに忠実にとやったつもりでございます。千種さんの胸とか。



>以前、サクラダリセットで見てる人が引くくらい語れると言ってたのでとりあえず読んでみました
>2巻までは綺麗で良い話だなーくらいの感想で熱く語れる要素がいまいち感じられなかったんですが、
>3巻の過去辺あたりでケイと春樹の特殊性がわかってからかなり来ました。
>あのふたりは確かに一緒にいるべきだわー
>カプ厨の村人さんが薦めてきたわけがわかった気がします
>そして伏線をものすごい勢いで回収しながら6巻の詰みっぷりをことごとく解決しつつハッピーエンドに突き進む7巻の圧倒的クォリティー
>いやー、ここまでレベルの高い作品はなかなかないですね
>偶然、6巻を読み終わった次の日に7巻がでたのであんまり焦らされなかったのも助かりました
>とりあえず良い作品を紹介していただいてありがとうございました。

おー! おおー!
ありがとうございます! 一人でも僕の紹介でサクラダリセットに手を出して、そして気に入って下さった方がいらっしゃるとわかっただけでも、とても嬉しいです。もっともっと知られてもいいと思うのです!
でもやっぱり序盤でリタイアしちゃう人はけっこういそうですね。最初のほうは振り返ってみればまだ助走を始めたくらいのところですし。
といっても僕は2巻の時点でもうかなりどっぷりハマりましたが。

しかしカプ厨の僕ですが、最後まで読んでしまったからには相麻さんが可愛くて仕方がありません困ったものです。やっぱり嘘の記憶の世界でもよかったのではないかと思ってしまうほどに。
伏線の回収っぷり凄いですよね。これほどまで完璧なのはめったに見ない気がします。
最後、相麻さんはたぶん納得はできていないのでしょうけれど、それでも幸せに開き直っていってくれるといいなと思います。願います。7巻のカラー絵よかったですよね。あれはきっと未来なんですよね。そう信じて。
しかし春埼さんもやっぱり可愛いのです。少しずつ心が芽生えていく感じが。最後の最後についに自分の本当の気持ちの意味を知ったというか。
みんないい子だわあ……


>ももせな。アフター脱稿お疲れ様でしたー! 風邪が物凄く長引いていたようで心配でしたが。……直りましたでしょうか?
>>新刊出せるかどうか文しくなってきましたが
>これが誤字なのか意図なのか測りかねますが。脚色しても嘘は吐かないという意味でしょうか。

>JKへの愛が感じられますね! 素敵なものに決まっていましたか知ってました
>あやはたを女子高生でないと言い張る人はまあそうそういないでしょう。新聞部の文先輩の新聞を写真部の後輩はたてさんが読み、写真部の活動の一環として新聞を書き始める学パロですか期待です。

>(続きますが、続きはネタバレを含みます)

ありがとうございます! 風邪ですが、まだ咳は結構出てますし、完治はしていませんねー。その節はすみませんでした。ただ、もう自転車乗っても平気な程度に回復してます。基本的には日常生活も遊ぶのも問題はありません!
うふふ。狙わない限り「文しく」なんて変換にはなりませんわよ。
ともあれなんとか間に合いましたー! なんとかなりましたー!
いやまあ20%引きの早期入稿できている時点で「なんとか」もなにもない、という意見が世間的には多数派だとは思いますが。

あやはたは女子中学生だという人もいますね。それはそれでわからないでもないのですが。でもJKです。譲りません。
東方の学園ものは結構ありますが、あやはた中心のは見たことないですね。きっとあるとは思うのですが。
文先輩になにかとつっかかりつつ、周囲から見るとただかまって欲しいだけなのがバレバレのはたてさんですって? 素晴らしいです。





*ここから先、すでにいただいております「ももせな。アフター」感想へのお返事です! ネタバレあります!
「続きを読む」からどうぞです!

続きを読む
posted by 村人。 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年03月25日

スターおへんじ2008


さてお返事も2週間ぶりで、しかも更新なしです。ごめんなさい。
風邪ひいてしまいまして、今日で9日目です。かなり回復してきていると思うのですが、咳が止まらないので実はまだ結構辛いという……!
くわえてコミティアの準備もあるのです。頭がうまく働かないので実は予定よりもまったく進んでいません。ちょっとした大ピンチです。間に合わなかったら本当にごめんなさい。

はい、そんなわけで、コミティア100に申し込んでおります。どうも当選のようです。せっかく100回という記念なので申し込んでみました!
間に合えば「ももせな。」のショートコント……じゃない、ショートストーリーを、短いのを、出したいと思います。
既刊「ももせな。」ももちろんあります。

たぶん、これが終わったらまた当分同人活動は凍結だと思います。
こんな感じでやってるからなかなかサークル名も覚えてもらえないとわかってはいるのですが! が! やっぱりWEB活動のほうが間違いなく体に合っているので!

幸いにしてお仕事のほうはひとまず一山超えたと思います。まだ油断はできませんが。できればももせな。アフターは出したいので、しばらく更新はありません。
ごめんなさい! がんばります!



>コミティア当選おめでとうございますー。
>ももせな。がまた読めると思うとwktkが止まりません。
>そして風邪を引かれたようでお大事に……。

>アリス⇒17
>魔理沙⇒15〜16
>パチュリー⇒15
>文⇒17
>はたてさん⇒16
>おりん⇒16
>村人。さんどんだけJK好きなんですかー!

>文さん、その発想が既にナンデモナイデス
>しかし絶対に譲らないミニスカ+ニーソ+はいてない。素敵です。寒そうですが。

>by毎回あまりにも長くなっていたので自重してみたmist

ありがとうございますー!
想定外が色々とありまして新作出せるかどうか文しくなってきましたが! もとい怪しくなってきましたが! ダメだったらごめんなさい! でもやれるだけやります!
そうですまた風邪です。またです。こんなタイミングで、しかも長期間治らない風邪がっ……! 仕事のほうがかなり詰まっててそっちに全力を注いでいた反動がきたような感じです。あががが。

JKですよだってJKですよ素敵なものに決まってるじゃないですかー!
えへん(なぜか誇らしげ
特に高2という響きにはそれはもう食指がそそられ……うひひ
あやはたなんてもう完全に女子高生ですよね! ですよね!
新聞部の先輩後輩でしょうか。それとも部活自体がライバル関係だったりするのでしょうか。どきどき。



>おそまきながら、ももせな。読了しました。良い意味で軽い文体であっという間に楽しく読めました。(厚さを恐れて、積んでたのは間違いでした。)
>読んだ感想としては、至極正統なラブコメを読んだなぁ、と言う感じで、特に4の百瀬と千種のメールのやり取りはツボでした。どうもごちそうさまです。
>正直に告白しますと、購入のきっかけは、サンプルで65ページのペテン師様の挿し絵を見たためでしたが、読了後はすっかり百瀬君にやられてしまいました。特に村人。様の絵は、新たな性癖に目覚めそうになるくらいの破壊力がありました。
>最後に、数学部で百瀬君が十和田さんと後輩にいじられる姿が素晴らしいので、こっそりと続きがあることを期待しております。良い本をありがとうございました。

わー!!
ありがとうございますー!! 返事遅くなってごめんなさい!!
今になってまだ感想をいただけてとても嬉しいです。

分厚いですよね! でも改行や台詞多いので実は分量的にはそこまで厚くありません! 見掛け倒しです! 本にしてみて初めて、自分がかなり改行多いほうだと知りました。
正統なラブコメ。まさにまさに。ありがとうございます。ひねりもなく、ただただラブコメ直球です。ある意味同人だからこそ書けるものですよね!
4章はそれはもう趣味全開、それまでに溜め込んだものを開放するかのようにうへうへと笑いながら書きました。ええ書きました。楽しんでいただけましてなによりです!!

今回ペテン師さまには大変お世話になりました。
あの表紙絵がなければまず手に取っていただくこともなかったでしょうし……!
千種や百瀬のイメージもペテン師さまの絵のおかげで固まった感じもあります。正直、千種の胸の大きさについてはここまでのものになるとはラフを見せていただくまでまったく僕自身は思ってませんでした、が、これを見て、なるほどこれはいける、と胸についての描写がいくつか増えるという結果に。
そしてそして、やはりというか最終的には皆様、百瀬君をヒロインとして認定されるようです。一人称主人公なのに! ふしぎ!
新たな性癖……目覚めてもいいと思います。きっと楽しい世界ですよ。うふふ

最後のおまけは、はじめはこれを続編として書こうかとか思っていたのですが、なんか勢いのまま最後につけてしまいました。結果的にはラブラブで終わるのではなくドタバタで終わって、こっちのほうがらしいなという感じになって、よかったなーと思ってます!
続き! 続き! 書いております!
間に合うかどうか。わかりませんが……がんばります!
ありがとうございます!
posted by 村人。 at 20:47| Comment(1) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年03月11日

二重おへんじ


>(☆の間はもしよろしければ、未読の方のために白字にでも…!)
>おひさしむらびーさん。もう語呂も何も考えてない頭悪そうな台詞を皮切りに。
>そらまでとどけ、拝読させていただきましたー、味気ない誤字指摘だけ一つチョコット。
>☆「「 応えながらも、さりげなくしっかりと燐と猫の間に位置取る。燐なら、間違いなく迷わず連れて【変える】だろうと思うからこそ。」」
>お燐ちゃんはチェンジの魔法も使えたのだ…じゃなくて。☆

>・「そらまでとどけ」というタイトルが、うにゅほとskyとのダブルミーニングというのに気づいたのは読み終わってからでした。音速が遅いワタシ。
>・愚直ストレートなお空ちゃんと、わりかし人間に近い考え方のお燐ちゃんとの違いがくっきり出てて、キャラが生き生きと動いているのが感じられましたです(*´∇`*)
>☆・「食いついてきて」の下り、後半ではもう計画通り並に涙を誘われてしまいました。文字の練習の所も素敵でした。☆
>・ところどころにでるむらびーさん臭に安心させられながら読ませていただきました。安全安牌の安心感。
>・お空とお燐、お互いを信頼しているという感覚が有りながらも、すれ違っているというのが会話でもうっすらと、でも確実に伝わってきましたです。

>後はちょっと質問?みたいな物を。
>・こいしちゃんは事後を見てどんな感想を抱いたのでしょうか?
>☆・結局お燐はお空をグーパンしたのでしょうか。腹パン?むしろ(ry☆
>・さとり様は胃をいためたりとかしませんでしたか?お体が心配です。
>☆・かなこさまとすわこさま、二人とも最初にお空を見たときの印象は果たしてどんな感じだったのでしょうか。神様だから若干お空がアレなのも気づいてたのでしょうか?☆

>いい感じに文章に浸れました、ごちそうさまです。ありがとうございました。

お気遣い頂いているのですが、もう1ヶ月経ってますし大丈夫かなと!
ありがとうございます。内容的にもさほど致命的なネタバレしているわけでもないと思いますしこのまま載せさせて頂きます!
というわけで感想ありがとうございます!! 誤字のご指摘もありがとうございます。最近多いですね。気をつけなければ……

タイトルはかなり悩んだタイプの作品です! まずタイトルから思い浮かぶくらいのものもあったりするのでこのへんは色々と……ってそんな裏話はどうでもいいですね!
お燐はやっぱり地上に頻繁に出入りしているから、地底の妖怪の中ではかなりバランス感覚をしっかり身につけてる子だと思うのです。色々な意味で「純粋」であり危険でもある空、さとり様、こいしさんと比べても現実的で、だからこそあまりに純粋な想いには気づきにくいのかもしれません。
はい。例のシーンはもちろん、このお話のクライマックスです。空という子がどういう子なのか、あのワンシーンに集約させました。皆様にしっかりと受け止めていただいてとても嬉しいです。
信頼、いい言葉です。それだけで満足できていればきっと事件は起きなかったのかもしれません。が、事件が起きなかったとしたら地上と地底の交流は始めらないままで、空の世界は広まらないままになってしまったかもしれません。物事はどう転ぶかわからないものですね!
そして僕は、なんだかんだあったけど、みんな前よりちょっと幸せになったね的な展開が大好きです。なんだかんだが、最終的にはいい方向に。

えー事後。事後ということはつまりお燐と空はあのあと地霊殿の中庭でにゃんにゃんと……!?
まあとりあえず空さんの力はなんかすごいと思ったから、地霊殿EXストーリーに繋がったということで。ことで。
あの展開で別にお燐が殴る必然性はないと思います……!
まあもちろん、二人ともさとり様のお叱りは受けたはずなので、それでめでたしめでたしです。地霊殿は温かい世界ですね。
さとりさまはこの二人に関しては常に胃を痛めてそうです。いろいろと。お燐ってばさとりさま大好きすぎるものですからもう。
神様ズが空を見た時の印象は、お話の中にある通りということで。
その頃はまだ空は頭いい子でした。でした!

こちらこそありがとうございました!
楽しんでいただいて、感想までいただけるととてもとても幸せなのです!



>そうだった「何それ軽い」の文章も送らなければ。
>この一行で「ああ、これは読まないと」と引きずり込まれました。
>ちくしょう、巧妙な罠だ。

>・小悪魔が優秀すぎて。さすが瀟洒なメイドさんとの次ランクを約束されている悪魔さん。
>・主従関係とは何だったのか。「お互いに気を遣わない関係が一番の主従関係ですわ」とでもさくやさんは仰りそうでとても恐いです。もっとすごい事いいそうですが。
>・黒ハンペン。もうこれ防御無視必中攻撃でしょう。そして続く魔界焼きそば。魔界って付けただけじゃないですk(レイジィトリリトン
>・魔界の景気ェ…。重たすぎて胃までヘヴィになりそうです。
>・咲夜さんの値引きテクとかもう夜中にしか聞けなさそう。今までのメイドさんを見てるともはやそういう手段にしか聞こえない。店長が男でも女でも華麗に値引くんでしょうね。体を使って。全力で。大変なスピードで。
>・「あっ」「あっ?」の後の流れは個人的にツボでした。今思いつきましたみたいなネタはこれからも再利用していってほしいですチラッ。
>・ぱっちぇさんは魔女。レミィさんは吸血鬼。さくやさんは悪女?小悪魔さんは魔女(魔界女子)ですね。

冒頭ツッコミは重要ですね。
パチュリーさんのツッコミは概ね「静」のツッコミでなかなか場のテンションが上がりませんが、たまにはこんな空気もいいものです。きっと。

だんだん優秀になっていく小悪魔さん。でもやっぱり根本的なところが何かズレているのです。そんなところまで咲夜さんに似てますが、残念ながら咲夜さんにある驚異的なほどの人心掌握テクニックは持ち合わせていないようです。
真面目すぎて紅魔館では逆に浮いている、かと思いきや割と馴染んでいるのはさすがですが。
うちの咲夜さんは事実上全館を掌握してますから。レミリアさんはカリスマ担当、いわば象徴なのです。というかレミリアさんも咲夜さんの考えてることをいちいち想像しようとしたら頭がパンクするので好きにさせてます。あんまり悪いようにはしないだろうというくらいの信頼感はあるので。

で。あとはまあお約束のS県ネタということで……ことで……
悪魔も最近出番少ないでしょうし。悪魔の中でも目立たずにこっそり行動できるような子かそれこそ小悪魔みたいな便利な使い魔くらいの子くらいじゃないと現代に出番はないのです。
いくら実力があっても需要がなくなればそこまで。時代の流れとは非情なのです――ほろり。
咲夜さんに本気でテクを披露していただけるなら、一度くらいなら9割だって引いてしまいそうです。むしろ払わなくていいのですかくらいの。

ボケツッコミの連鎖は基本的に数撃ちゃどれかは当たる的な感じですね! 一つでも当たっていただければ! 正直小ネタはすでに以前やったのといくつかは被ると思います。どれをすでに使ったかなんて覚えてませんし! その場の勢いですし!
posted by 村人。 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年03月05日

おへんじ13


>結果出ましたねー、人気投票
>相変わらず霊夢さん強すぎです、かつての不人気はどこ吹く風やら
>あとはアリスさんが爆上げですね、人気キャラだからこの辺が妥当と言えなくもないですけど
>むしろ出番が少ないのに咲夜さんとお嬢様が強すぎです
>しかし、人気投票の順位だけでそこまで妄想できるとは百合スレ恐るべし
>個人的に紅姉妹の間に魔理沙がいるのもおいしいと思いますよ
>フランはともかく、レミリアとの接点はあんまりなかったから妄想のしがいがありそうですね

>ちなみに自分の投票先はこんなかんじでした

>フラン(6位)、こいし(14位)、お空(16位)、◎天子(18位)、雛(29位)

>太陽信仰(8位)、無間の鐘(34位)、厄神様(41位)、ブクレシュティ(65位)、
>東方非想天(78位)、キャプテン(100位)、法界(110位)

>全体的にみんな健闘してくれてうれしい限りです
>投票先で個人をプロファイリングとかするとおもしろいかもしれません
>自分の場合は何になるのでしょうか?自分では共通点がまるでわかりませんが
>容姿、性格、体型全てがバラバラなので
>村人さんの場合は………なんでしょうね?プロファイリングは意外に難しいです

>曲に関しては厄神様が道中曲なのに健闘してる以外は普通の結果かなー
>道中曲は全体的に不遇ですね、ブクレシュティとか人形裁判より良いと思うんですが
>しかし意識してないけど選曲が好きなキャラに固まってしまう罠、刷り込み恐るべし

でましたねー
霊夢さんこれで5年連続ですね。僕はいまだに霊夢がトップということに違和感があるくらい、初期の3〜6位時代の印象が強く……
アリスさんはこれまた上がりましたね。妖怪新記録ですし、もしかすると空前絶後の記録になるかもしれません。1位は変わりそうな気がしませんし。2位ももう二度となくても不思議ではないところです。
咲夜さんは全キャラ唯一、5位以下になったことがない子ですね。凄まじい安定感です。魔理沙も少し前までそうだったのですが。でも魔理沙も一番悪くて5位なのでやはりかなり安定です
順位ネタといえばドット絵で並べたやつが凄くて、いろいろとネタが仕込まれていて楽しかったですね!
レミマリというのは絶無というくらい見ませんね。魔理沙にはやっぱりお姉さんキャラが合うということもあると思います。思います。

そしてその投票先でこの三丁目に来ていただいているとは……
楽しめるものはあまり多くないのではないでしょうかはわはわおろろ。ありがとうございますありがとうございます。ははー

キャラが好きになるかどうかはたまたまというのが大きいですしねー
あとはいろんな偶然が重なったりして。もちろん、好きになりやすいタイプというのは確実にあるわけですが。
プロファイルといえば東方幻想板にプロファイルスレがありますね。以前書き込んだことがありますが、結構当たってて、おおっと思いました。
今はプロファイラーさん不在のようで、機能していませんが……

道中曲は、以前に比べるとずいぶん評価されるようになってきた、ような気はします。あとは知名度でどうしても負けてる萃夢想、緋想天、天則あたりの名曲ももうちょっと評価してもらえると……と思いつつ僕も枠が足りなくて投票できてないわけですが。
なんといっても神恋はついに5位という位置にまできましたし、この曲に関しては道中曲であるにもかかわらずすでに「投票を代表する曲」のひとつとして認識されているように思います。

僕の場合はキャラと曲はほとんど関係してませんね。文の曲が2曲入ってますが、これはもうたまたまという感じで。



>このままアリスには安定してほしいですね!いやまあ、普段から安定してはいますが。
>流石の一押し数。率的には妖夢や香霖、リグル、幽霊に負けて早苗さんと同率の5位ですが。

>アリス◎、みすちー、紫、諏訪子、星という入れ方でした!

>一押し数が世紀末な霊夢とか、安定率がすごすぎる姫様とか
>色々ネタはありそうですが。

>神恋はすごいですね!少女さとりと共に音楽部門でのTOP10入りが。
>他の曲はどれもこれも6ボス、EXボス、PHボスのテーマ曲がずらりと並んでいるというのに。
>聖徳伝説が何度見ても一瞬聖剣伝説に見えてしまう。困った。
>個人的には少女秘封倶楽部や童祭、蓬莱伝説といったCD曲が上がったのがうれしかったですね。

>ふろむ透け三角

アリスは安定というか、今回は特別にかなり上がったという感じですね。
アリスの位置というと3〜8あたりというイメージがあるので、2というのは逆に飛び出したなーという感じです。投票スレでも、アリスはどんな場所のどんな投票でもいつも3〜7位に位置するとその安定感に定評がありました。
一押しだと1位というのは驚異的ですね。去年までの差を考えると。

今回順位で一番ネタになったのは姫さまですね!
3年連続33位で、しかもちょうど輝夜スレが33スレ目で、ちょうど333番のレスが近い頃だったというもう奇跡的としかいいようのない展開。その後、スレでは原点の竹取物語でも「3」という数字は頻発していて重要だったという話も出て盛り上がってました。ほんとに面白いです。

神恋はもはや道中曲というより「東方の曲」としてその地位を確立した感があります。実際、名曲としかいいようがありません。
6ボス曲だと一番好きなのは千年幻想郷だったりするのですが、なかなか上がってくれませんね! これまた投票していない僕が言うのもなんなのですが……



>咲夜さんが去った後…
>店主「…あの嬢ちゃん、なかなかの腕だったぜ。危なかった」

>ちょうど旅行で来ていた通りすがりの学生たちの会話
>「なるほど…ああいったやり方もあるのね。」
>「あんなスキル持った学生の将来怖い」
>「え、将来なんて…こんなところで恥ずかしい」
>「え、いや、違うからな?そういう意味じゃないからな!?」

>…なんてことがあったりなかったりしませんか
>もしかしたら咲夜さんの値切り術が魔界一般ちょい上程度のレベルなのかもしれませんが。なにその魔界こわい

実際、魔界は怖いところだって咲夜さんが言ってましたし。
というかその台詞から思いついたネタでした。
ちょうど旅行でたどり着いてしまう魔界怖い。
いえ確かに小田原に向かう経路上ですけど。なんのことかわかりませんけど。



>はたてさんとマミゾウさんの謎の相関関係について。あやはたよりもマミはたの方が旬だというのでしょうか……? 逆にマミゾウさんの立ち位置がよくわからないということかもしれませんが。

>投票枠が足りなくなるのはもはや宿命ですし。増やしても減らしても枠が足りないという人が出るのは仕方ないと思いますです。しかしキャラが増えたのだからひとり分くらい増やしてくれても……。
>百合スレ凄まじいですね。幽香さんとアリスさんのすれ違い具合が特に。
>はたてさんは残念ながら茨歌仙のゲスト以外で露出がなかったですからねー。いや、それを言ったら露出があったキャラの方が限られているんですけども。
>有頂天変は幼心地と票が分かれてしまうのとやはり枠不足のあおりを受けた結果低順位なんだと思いますがどうでしょうか。サビは本当に聞き惚れますよね! どうしても発狂ピアノどうなってるのというところに耳が行ってしまいますが。
>というか村人。さんの投票先は道中曲多めですね。いや、比較対象が私自信しかいないので解りませんが。

>チョコ団子検索してみましたー。完全に無知乙でしたね恥ずかしい。しかし生チョコに見立てたとなると結構な難易度のようですが。形取りとか。
>ドゥーチェのマスターは個人的にかなりお茶目さんな立ち位置にいるのですがどうでしょう。主にカバー裏と原作小説が原因で。
>東方キャラはアリスさんじゃないですけど「悩みなんてないわ!」と言い切るような人ばかりですからねぇ。実際に抱えているかどうかはさておき、ちょっとしたことはアルコールで流すようなさばさばしたキャラばかりなのではたてさんは間違いなくレアキャラだと思うのです。地霊殿以前の早苗さんは今のはたてさんに近かったような、そんなのは幻想だったような。
>超マイナー紙であれば面白い記事が一つでもあるかないかがとても重要なのでそれでもいいと思うのです。と言っても一面記事とかが面白くなかったら購読者は増えないだろうなぁという想像。
>ですよねー。色々な紅茶を飲みたいと思ったらお茶の専門店以外ではファミレスのドリンクバーが一番種類があるのではと最近本気で思ってます。しかしコーヒーを飲むなら無糖でミルクは控えめ。

>(続きます)

はたてさんに関してはかなりの程度ふたばの影響がありそうなので、そのあたりじゃないかなとは思うのですが。去年はもっとはっきりと書籍組との相関が高かったので明確でした。
ふたば絡みだと思うと今度はお燐ともかなり相関高いのが不思議だったり。キャラが被ってるようにも思いませんし。ふしぎ!
キャラはまあでも5人というのは妥当なラインかなとは思います。曲のほうがどうやっても足りませんが。うぎぎぎ
百合スレはよく訓練されています。さすがです。勉強になります。
いやー三天狗本とかかなり増えてきてる、ような気がするのではたてさんもきっと上がると思っていたのですが。他の二人は上がりましたが!
有頂天変はもっと評価されてもいいと思うのですが、サビが好きなひとにとっては「だから幼心地のほうに入れる」というひとと「幼心地のアレンジのほうが好きだけど原曲といえば有頂天変のほうになるわけだから有頂天変に入れる」という人とかなり分かれそうなのが辛いところですね!
さわやかだったり元気だったりする曲が好きな傾向があるので、自然と道中曲多めになるのかもしれません。ません。

いやチョコ団子がメジャーなお菓子だとは決して。決して。
もちろん生チョコに見せかけるなんてかなり難しいと思います。だからこそプロなのです……! なのです!
マスターにおちゃめなイメージは残念ながら持てません……! ギャグパートだとイジラレ役として活躍はしそうですが、本人はいたって真面目なそんな感じの。
まあなんというか東方の皆様はみんな男らしいというか。大変たのもしくて、そこがいいのですが。一方はたてさんは出番があるたびに悩み続けているのでした。地底の皆様も色々と抱えてそうですけれど。
いわゆる「知る人ぞ知る」とか「評価は高いけど、知名度はほとんどない」という状態になるわけですね。地味な名作にありがちなこと。はたてさんは真面目なのでどうしても頑張ってもそのルートにのりそうです。
ファミレスってあんまり縁がなくて知らなかったのですが、この前ホテルと一体になっているロイヤルホストに初めて行って、お茶の種類がたくさんあることにちょっと感動したりしました。



>(続きです)

>三魔女でーとですかいいですね! 温泉に一緒に入って神社で緑茶を布教しようという魔理沙の魂胆までしっかりと見えました。しかし魔女という響きとおひさまのヒカリという響きがどうしても噛み合いません。魔女というものを陰惨に捉え過ぎなのでしょうか。
>一見矛盾した複雑な感情って果てしなく表現しづらいですよね! なんか暴走して帰ってこれなくなることが多くて困ります。
>完全拒否……巨大座布団の事ですね。幻想郷は遊びとアルコールで構成されているのではと疑いたくなるような場所ですし、きっとそういうことなのでしょう。

>おくう→お燐→さとりさま「(お燐……気付いてあげて……)」
>こうですねわかります。こんな立ち位置ではすぐ胃に穴が空いてしまいそうです。
>まあさとり様が精神的に追い込まれるようなことはそうそうないんでしょうけども。しかしそう演じているだけかもしれません。ううむ。
>きっとからすはそういう立ち位置に落ち着きやすいものなんでしょう、きっと。追いかける対象は常に眼が輝いていますし。

>え、熟睡中でも目が開くことがあるんですか初耳です。しかしこじ開けられて目薬をさされたら間違いなくひぎぃという声をあげてしまいそうですがががやめてー!
>お茶の飲み比べだなんてそこはかとなく贅沢ですね。茶葉へのこだわりを魔界で身に付けてきたら咲夜さんのとんでも茶でよくわからなくなってしまったお嬢様相変わらず不憫です。
>お嬢様は最初から咲夜さんが出かけていることが判っていたと思いますし、きっとそれくらいのやり取りだったと思いますですはい。
>本気の三割で9割引きとか本気の七割で幻想郷が危うくなるレベルなんですが。あれ、否定できない。
>フェムト%という単位について。しかしツイッターを見ると数回フィッシュ・アンド・チップスとデッドが同列の選択肢だったのですが気のせいでしょうか。

>by投票時にコメントをサボった為に相関に影響を及ぼしていないであろうmist

元気で明るい三魔女があってもいいじゃない!
でもまあ普段はやっぱり紅魔館で物静かに。元気なのはやっぱり主に魔理沙の影響力。もしアリスとパチュリーだけだったら、かなり展開は変わってそうな気がします。二人で静かに本を読んでいたり、パチュリーがアリスにセクハラしたり、たまにはえっちな本を読んで静かに盛り上がったりってあんまり変わりませんねこれ
はたてさんSSの5%ははたてさんの悩みで構成されています。

さとり様、なまじ読めるだけに大変です。うふふ。
だからってお燐に伝えるにも、そのことを空が嫌がってることも気づいててこう四面楚歌な状態に。これはもう事態を動かすにはおくうが頑張って押し倒すしかないですね。

むしろ常に目を開けて寝ているひともいるとか。見たことはないですけど。
なお寝ているときに目薬はおそらく大変危険ですので良い子は絶対に真似してはいけません。紅魔館の妖精メイドは特殊な訓練を受けています。
もはやレミリアお嬢様=もっとも不憫な子(でも本人はまったくそう思っていない)が定着しつつ。いったい誰のせいで……!
まあなんにしても咲夜さんがなにかをすることをほぼ止めはしないというか好きなようにさせてると思いますが。よほど突飛なことを言い出さない限り。
突飛の基準が明らかに上がりすぎてますが本人は気づいてません。
咲夜さんも次回はそろそろリミッター解除するかもしれませんね。
「嬉しいわ。私が本気を出せる相手と出会えるなんて思っていなかった」
やだかっこいい。おおむね負けフラグの台詞ですが。
posted by 村人。 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年02月26日

おへんじ2008


>小悪魔は西部出身ですか。餃子が好きそうですね

好きそうですね。ふしぎですね。
小悪魔さんは完全に海沿い、西部の中心あたりのイメージです。
悪魔族は基本的に西部に集中しているというどうでもいい設定が。



>Q、「魔界とは?」
>A、「しず○か県である」

し○おか県ってなんですか>< わかりません><
魔界は魔界ですー! ですー!
東部の人はごめんなさい。いえ魔界のことですけど



>二週に跨った上にものっそい長くなってしまったのでおへんじへの拍手は省略します! しかしおへんじへの拍手って普通に考えたらなにそれって感じですね(今更

>はたてさんかわいい(挨拶
>なんか三丁目のはたてさんに触れているとダブルスポイラーのはたてさんが凄い無理しているようにしか見えなくて愛でたくなります。
>チョコ団子って微妙に味が想像しづらいのですが。でも美味しそうです。紅茶にも緑茶にも合う気がします。ペロッ、これは……!
>そして店長さんがドゥーチェのマスターで脳内再生余裕でした。無表情でVサイン。嬉しさのあまり血管ぷちん。
>私は記者じゃないですけどもし記者だったらはたてさんと同じような葛藤に陥っている気がします、というくらいリアルな葛藤。最終的にアクションを起こさないところまでリアリティ満載です。
>お茶がただで飲めるんですかすぐにでも行きたいので花果子念報を一部下さい。え、勿論お菓子を食べに行きますよ? ところで現実のいわゆるカフェだとコーヒーメインで紅茶が冷遇されている気がするのですがどうでしょうという無茶振り。
>三魔女で"たまたま"和菓子屋に立ち寄るなんて本当に仲が良いんですね。パチュリーさんを連れ出すのにどんな口上を用いたのかが気になります。
>文さんが普通に評価されていることが自分の事のように嬉しいはたてさんほんとかわいいですね。文さん早く迎えに行ってあげてくださいな。しかしあれだけ強引な取材とかしていたら記事の質云々以前に拒絶されかねないものですけど、そうならないのは文の人望なのか幻想郷の空気なのか。
>脳内紫が「のうない ゆかり」という風にしか読めなくて困惑してます。パープルとかヴァイオレットとか言っているのできっと「むらさき」だと思うのですが。どっちにしても貶されているのかどうか解りづらいですけどね。
>はたてさんだけでなく文もあまり素直ではありませんね。はたてさんはやや鈍感なのかそれとも意識的に気付かないフリをしていたのかしていましたが。

>(後半へ続く)

このWEB拍手が拍手としての本来の役割と異なる利用法で使われているのは確定的に明らか
はたてさんかわいい(ここまで挨拶

ここまでまだはたてさん小ネタ的な短いのしか書けてませんしね! 想像の中ではいろいろあるのですがまだかっこいいところを見せられていません。いまのところ可愛いところはいっぱい見せてくれてますがうふふ
チョコレート団子は割とよくある発想のお菓子なので、実際検索してみるといろんなパターンのレシピがでてきたりします。
>ドゥーチェのマスター
えええええVサインとか超想像できません! 僕のレベルはまだまだ低いようです。 なにそれこわい
なぜか「わかるわかる」と言われやすいはたてさんの葛藤シリーズ。この親しみやすさは魅力の一つかもしれませんね! 東方キャラでこの手の悩みを抱えそうな子が他にあんまり思い当たらないとも
花果子念報はどこで配られてるんでしょうねえかなりレアリティ高そうです。実際きっとグルメレポート以外はあんまり面白くなかったりするんだろうなあとか思ったり思わなかったり
まあ喫茶店、カフェと名乗るところだとコーヒー中心のところが多いですね。紅茶はせいぜい一種類+レモンorミルクくらいで。だが僕は紅茶。コーヒーは飲めませ……飲めないわけでもないのですが、ミルクと砂糖たっぷり入れれば。

三魔女はもっとっこうしていろんな所に出かけてみると面白いと思うのです。
パチュリーさんが紅魔館から滅多にでないので大抵の舞台はどうしても紅魔館になりますが。たまには。たまにはね。おひさまのヒカリを浴びてみるのもいいものですし! お買い物を楽しんでみるのもいいですし! でーとですよ、でーと。
はたてさんの複雑な乙女心。大変です。許せないところがある、譲れないところがあるのに、でも、面白いしファンでもある、でもやっぱりこんなのに負けたくないとも思う、この、この感じを! もっと! もっと表現できれば!
文の取材、霊夢はこの前DSで完全拒否してましたね。まあでもあれも遊びかもしれません。なんだかんだできっと人気者なのです。美しいですし。
はたしてはたてさんのお手伝いをこっそりした天狗とは誰だったのか、はてさて僕にもわかりません。
もし仮に万が一文だったとしたら、とんだツンデレですねこのこのー!



>(続きです)

>ぎゃーす こっちよりもオープンな場所でのコメントなのになぜか恥ずかしいー! わざわざ個別におへんじ下さってありがとうございますー!!
>エネルギーだけで工作なんてまず出来ませんけどね! 愛は理屈を超越するのです!
>まあ溶かす分の熱量と職人が工作する分のエネルギーを賄えるくらいのエネルギー総量という意味でしたが。愛は技術を超えると言った方がそれっぽいですね!
>おくうさん健気(ほろり なんか他のツインテールの鴉さんを思い出しますね。
>イベント回避からのさとり様焼却√が微粒子レベルで存在している……? 三丁目に限っては無いですね間違いなく。がんばれうつほさん!
>引き裂かれた後、うつほさんはお燐が帰ってきた時に住みやすいような旧地獄になるように頑張り、お燐はエロ本を隠すことを頑張っていました。仕方ないね。

>全世界からサンプリングしても紅魔館というだけで一気に狭まりますね。というか二人が訓練され過ぎていてもう。しかし熟睡中に目薬を差されても痛くもかゆくもないですよね。
>お嬢様は内陸部なんですねー。てっきり鰻の美味しい湖の畔だと思ったのですが。
>5分の内訳は交渉3秒、移動0秒、調達リストの確認0秒、門番への釘刺し7秒、妖精メイドとの戯れ290秒ですね解ります。交渉以外のパートの方が明らかに長いですが。
>値切りで9割引きとかどんな利率で商売をやっていたのか。ぼったくりなんてレベルではないですね。もしくは赤字覚悟もいいところ。
>パチュリーさんは一回アリスさんに魔界の様子を事細かに訊いてみればいいと思います。色々とカルチャーショックとなるのは間違いないですねふふふ。

>byそう言えばフィッシュ・アンド・チップスを食べたことのないmist

勝手に引用してしまってすみません! だが反省はしない!
いやーまあもともと公開されているものだから大丈夫かなと……思いまして。はわわ
愛の力さえあればなんだって作れますからね!
思いが通じ合えばそれだけ精巧な細工に。
空さんもやっぱり、さとり様にあまりなついていないとはいえ、尊敬していますし敬愛してもいますから、そんなダークな展開の心配はありません。いや、だからこそ精神的には追い込まれかねないとかそういうのはさておくとして。
むしろ一番胃が痛いのはさとり様の立場という。
どうして健気な子はいつもみんな片思いなんでしょうね(棒
不思議ですね、もっとすっと幸せになれればいいのにと思います(棒
お燐はいつでもフリーダム。でもそんなお燐のことを好きになっちゃったから仕方が無いですね! なんかほんとどこかの天狗を見てるみたいですね!

ほう、それでは熟睡中に目薬をさす実験を。
ちなみに目はうっすらと開いていることもあるみたいですよ熟睡中。
まあ開いてなくてもこじ開けますけど。
しz……はまm……いえ魔界西部といっても広いですからね。内陸部も多いのです。山で作るお茶は平野部で作るお茶とはまた違う味があっていいものですよ。
3秒とかもはや一言で用件を伝えるだけである。「というわけで魔界行ってきます」「ん」これくらい!
9割引まで勝ち取ろうとしたらそれはもちろん、小手先のテクニックでは無理です。咲夜さんの本気の三割くらいは出さないと。
まあでも実際衣服なんかは同じものを大量購入したら相当安くなりそうです。

パチュリーさんの魔界旅行ネタも案の中にはあるのですが……! なかなか広がりそうにありません。
フィッシュ・アンド・チップスを食べたことがないですと! それは人生の25フェムト%くらいも別に損はしてないので特に機会を作ってまで食べる必要はないと思います
posted by 村人。 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年02月19日

おへんじ1970


>はたて可愛いようわぁぁぁ! 頑張れはたてちゃん頑張れ!

うふふ応援ありがとうございます。
はたてさんにはこれからいっぱい活躍していただきたいものです。
そのためにも、早いこと見極めつけて、書けるものから書いていきたいですね……!



>一息つけたので、燐空の感想でもとか思ってたら更新されてるー?やったー
>JKっぽさからやさぐれてたりしてる二次創作が多いはたてさんですが、ここのはたてさんは超清純派で癒されます
>今回は比較的自重してたみたいですが、なんかうまい事誘導すれば(しなくても?)延々と文について語りそうですね、本人が来たのに気付かないくらい
>あと、どこでもぶれないパチュリーさんは流石です

>で、燐空ですが、とりあえず「第三の足とか卑猥すぎるwww」とか思ってた頃の自分に猛省を促したい
>三本足と一本足で2本ずつって解釈はありそうでなかった良い解釈ですね
>お空の暴走はシリアスものと相性悪いのに、欠けた足への執念とお燐に対する健気さを表す要素になっていてすごく良かった

>健気って言えばお燐も相当健気ですね
>自責の念の強さもそうだけど、他人を助ける事を当然だと思ってる辺りが特に
>お空の気持ちに気付けなかったのも、自分では特別な事をしてる思ってなかったのも一因ですよね、たぶん
>しかし今後お燐はどうするんでしょうかね
>お空の好意に気付いた上に結構意識してるみたいでしたが、今のお空って小学生クラスの頭脳ですよね
>理性と欲望のはざまで身もだえすること間違いなし!
>さらに卑猥な方の第三の足とかがにゃーんってなって涙目で処理の仕方を尋ねられたりしたら……
>結局最後はエロに行きつく思考回路はマジで自重したいです反省します

いまいち地味な小ネタでしたがー!
三十ほどのはたてさんメインな本を読んできましたが、はたてさん像は結構多岐にわたってますね。アリスほどではないのですが。
どのはたてさんも駆け出しとしてまっすぐひたむきに頑張ってる感があってとても素敵です。まあ、後ろ向きで停滞してるはたてさんもいますが。が。
はたてさんにはもうしばらく、文に対する矛盾した複雑な気持ちをかかえたまま、その後ろを追いかけていただきたく思います。

さてそして感想ありがとうございますー!
足の設定は、はい、八咫烏が三本足というところからの発想でした。その前に、灼熱地獄跡にそのまま残った生き物たちはどうして残ったのだろうという想像があって、きっと移動したくてもできなかった子もいるんだろうなと思ったりもして、そのあたりを考えているうちに。
とにかくもうおくうは一途です。ひたすらお燐のことしか見ていません。ある意味で、それを表現するための話でもありました。ちょっと危なっかしいけど可愛い子。
お燐はごく自然体で仲間を大切にできるほんとにいい子。おくうにとってはそれでは不満のようですけれどうふふ。地霊殿ストーリーが完全におくうを守るためのお燐の策でしたからね。そのあたりをしっかりと表現しつつ、裏側を補完したかったのです。

今後の二人に関しては、まだまだ波乱はありそうですよ。お燐はおくうの気持ちも理解しつつ、でもさとり様もやっぱり大好きですから。
後半は正しく薄い本の展開……ベタですが好きですよええ!
ベタですけど、でもそんなに数は見ませんね……
えっちなのはいけなくないと思います!
posted by 村人。 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年02月12日

明治十七年のおへんじ


せっかくですので、創想話のほうにいただいたmistさまのコメントにもこちらでお返事してしまいますしまいますー!!


>熱い……熱すぎます……!(灼熱地獄的な意味で)
>感動エネルギーを熱量に変換したら鉄塊をお燐像に鋳造し直せそうです。

>とにかくおくうが健気過ぎて……。お燐の力になるには自分の目線が低すぎるもどかしさがひしひしと伝わってきて、切なくて切なくて……。
>後半は目線の高さが逆転してお燐がおくうを抑えようと頑張っている姿が前半のおくうと重なって、この二人がどれだけ相手を思いやっているかがありありと伝わってきました。
>こんな事件があれば二人の信頼はそれはもう強固なものに……!

>素敵な作品をありがとうございますー!

>それはそうとからかわれるお燐可愛い

ありがとうございますーますー!
なにそれすごいエネルギーだけでそこまで細かい工作ができてしまうなんて。技術者不要ですね! 愛の力は技術を超える!
健気で一途で頑張り屋さん、でもなかなか報われない、そんな子です。
色々あって、でも、最終的には幸せになれる、それが一番ですね!
こうして二人の絆を確かめ合ったところで、おくうはようやく、お燐がさとりさまさとりさま言うのに普通にやきもち焼く程度で住むようになるわけですね! がんばれうつほさん!




以下、通常のお返事です!


>時間がないのに来る更新。そして脊髄反射で読んじゃう単細胞っぷり。
>だがしかし反省はしないし後悔もしない。
>良い話でした。お空かわいい。

ありがとうございますー!
時間がないところで割と長いのを読んで頂きましてありがとうございますー!
いえーいお燐も可愛いですよええ可愛いですよ!



>遅くなりましたがSSお疲れ様でしたー! 創作話の方に感想投下してしまったのでこちらではもう控えますが、もう本当に感動して……!
>お燐とおくうが一緒に成長した経緯があって、その上でおくうは殆どリセットされてしまい、しかしおくうが唯一忘れなかったものは……ぐすん。
>しかし感動的なシーンでもツッコミは欠かさない村人。さんのSS。大好きです。

>……そういえば地霊のゆかれいENDでお燐ってば融解……違う、誘拐されてませんでしたっけ? 引き裂かれる二人の運命は一体。

>(短いですが一度切ります)

というわけであちらにいただいたコメントもここでお返事してしまいました!
てへぺろ!
そうですね、実際細かく分析するとかなり切ない悲しい展開なのですが、やはりそこに重点をおくのではなく、ひたすらまっすぐに未来をみつめるお話に仕上げました。もうちょっと悲壮感を出してもいいのではないかという意見もありましたし、それもそうだとも思いましたが。が。
皆様の感想の半分くらいが例のシーンですね!
もちろん、一番書きたかったところです! 嬉しいです!

えーED……覚えてません!
最終的に神社に割と住み着いたりしてたような気がします。
そしてエクストリーム以下略




>(切ったところの続きです)

>フランちゃんが495年間ひとりで拍手とおへんじを繰り返す気の触れ方ですかこわい。

>幻想郷縁起に文さんを煽る文章を書き綴って、見つかるところでひたすら行為に及んで、そして襲わせるところまで考えている阿求さんほんとあきゅいですね。
>この構図はなぜか割と見かけるので深く気にしてはいけないとおもいますです。

>>ルナは ひとりえっちを みられた!
>>ルナは にげだした!
>>しかし まわりこまれて しまった!
>これで1ターン分されるがままですがはてさて

>おや文さん。目の前の壁はどんどん堅固になって行っていますがその姿勢なら大丈夫でしょう。アリスさんは嫌がってはいますが、文さんのその姿勢を認めてくれてはいるので、あとは反転イベントを起こすタイミングだけですよ頑張って下さい!
>ところでいつも前や上を見ているばかりではいけませんよ。同じ烏天狗の子の様子も見てあげてくださいね。

>天狗社会こわいです。私には高校入学もハードルが高そうです。
>しかしそんな社会ならはたてさんが引きこもってしまったのも頷けます。純粋そうなはたてさんには恋愛テクなど全く肌に合わなかったでしょうし。
>紅魔館攻めアリス受けが成立した瞬間である。既出な気がしないでもないのですが。
>メイド妖精は純真なのでアリスを近所のお姉さんのノリで無邪気に慕っている気がします。表現方法が咲夜さん仕込みなのでアブノーマルに見えますが。え、あれくらいはノーマルなんです?
>アリスさんのソロプレイ≒達人オンリーの6Pチーズとは流石です。そして6Pチーズ≦咲夜さんというのもまた流石です。咲アリじゃないと肉体的には満足出来ないんじゃ……。

>咲夜さんに頼り切ってしまうのも、そのために後継者選びをしないのも紅魔館での王道みたいな流れですよね。大体咲夜さんレベルの後継者はそうそういないですし。しかしアリスなら……。

>なるほど、アレですね、わかりますん。
>きっと博麗の神の見えざる手が働いているのでしょう。紅の巫女さんお疲れ様です。

>byこいしちゃんが哲学的に可愛かったので話とは直接関係ないところでも舞い上がったmist

なにそれこわい
ほんとにこわい
逆にすごく幸せで元気な会話がずっと続けられてるほうがもっとこわい

さすが阿求さん合法的にえろいことをするためなら頭だってフル回転ですね。何回転生してもひとりえっちしか経験できないのはいくらなんでももう嫌だ! ということで襲ってもらおうだなんて。
なんでも飛び込まずにはいられない文さん、危険とわかりつつ、ついつい一度手を出してしまって、もう二度と抜け出せなくなるのですね。恐ろしい

ひとりえっちを覗くときは、見つからないように最後の瞬間まで見届けるのが礼儀だとあれほど言ったのに……
仕方ないので目の前で続きをさせてあげましょう。見られている状況ではもはやひとりえっちではなくそういうプレイですが、それはそれでまたよしです。
まあ妖精たちは無邪気で羞恥心薄いこともあるので(ルナさん除く)、見ているみんなのほうも結局弄りはじめてしまうんですけどねなにその天国はやく僕にも見せて!

文さんとはたてさんの関係が、なんか、ナンパ主人公とそれをサポートするヒロインみたいなベタベタエロゲ的関係になってますね! 誰よりも近くにヒロインがいるのに、ヒロインはただ他の子と主人公がイチャベタするのを見せつけられるだけという。はたてさんの忍耐力すごい。

はたてさんはなんかまっすぐで純粋ですね。間違い無いです。
ときどきはたてさんはお嬢様なのではないかという説も出てきますが、なんとなく納得です。テクニックなんてわからないしむしろなんか怖いもの、というイメージで、ひたすらまっすぐで素直になんでも言ってしまう子です。
なんで記者なんてやってるんでしょうね。

メイド妖精にとっては、なんでもできて優しいアリスは理想のお姉さんに違いありません。咲夜さんもその条件を余裕で満たしますが、なんというか咲夜さんは校長先生でアリスは保健室のお姉さんくらいの親しみやすさの差が。
まあ保健室のお姉さんなのになぜかいろいろアレコレされる側なんですけどね!
アリスさんは心で満足するから大丈夫なのです。
そして夜ひっそりと、満足しきれなかったのを鎮めるために自分で弄っているのを目撃されて、相手はショックを受けてしまうわけですね。がんばれ魔理沙さん。

いくらアリスさんでも一人で広大な紅魔館の世話はできませんね。
そしてアリスさんの最大の弱点は、メイド妖精の統率を取ることができないところです! 人気はあるのですが、言うことをちゃんと聞いてくれるかどうかはまた別。みたいな。

こいしさん割とアドリブで登場してきました。なんか無意識の力が働きまして。
哲学的な可愛さとはいったい。うごごご
posted by 村人。 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年02月04日

495年のおへんじ


おまたせしてすみませんでしたー!
先週の土日はSSを進めることを優先したり風邪ひいたりしてましたー!
というわけで2週間ぶりのお返事ですですですですですです!



>なんだか皆のイメージが固まってる三月精。素敵。

割と個性出てますよね。
まあ特にルナのオチ要員としての固めっぷりは公式というかなんというか。



>もしくは家人にド級のロリコンが潜んでいて、万が一見られようものなら危険というやむを得ない理由で屋外なのかもしれませんが。
>筆一本で我慢できなくなるなんて上級者ですね阿求さん。知ってましたなんて言いませんよ稗田家の権威で消されてしまいますから。
>ルナさんがあきゅいのは確定的に明らか。なんか夜によく出歩いているようですし。音を消して隠れたふりをしたところで同居人スターさんの目からは逃れられませんようふふ。

>いろんな意味でお世話になっていますよね文さん。それはもういろんな意味で。
>>必修単位「好感度反転」
>明らかにこの単位のせいで留年する学生が続出する科目を現実に生かそうとするなんてなんという死亡フラグ。それを素で行ってしまう文さんはやり手なのか天然なのか。前者でしたっけそういえば。
>アリスさんはなんだかんだ紅魔館の住人を信頼してますよね。メイド妖精でも咲夜さんの指導が入ったことを理解しているので割と信頼している節があります。一方文さんは
>しかしそれではアリスさんにえむっ気が……元々ありますね。
>逆に考えるのです。ソロプレイのバリエーションを広げるために七色の魔法使いを名乗り始め、人形を使うことを学び始めたと……ないですねはい。

>>エネルギー不足解消
>「君の願いは、エントロピーを凌駕しt「それには及ばないわ」
>>世間の動向は咲マリ、咲アリ
>「お嬢様、魔理沙の家で家事をするため暇を戴きますわ。」
>「え、ちょっ「失礼します」
>という咲マリ結婚エンド。お嬢様的には困ったことだらけです本当に。
>咲アリならあまり問題なさそうですが。お嬢様につきっきりのためにアリスがやきもちをやいてしまうくらいで。

>おー楽しみですっ!
>既に細かいところが埋まればもうほぼ完成という状態なんですか流石です。
>はたてさんが病んでいるように見えるのは多分元引きこもりというのが多大に影響していると思うのです。あとは沢山の二次創作に。

>by姿が見えず声も聞こえず逃げられない相手三人にやられに行きたい人達の一人mist

阿求さんの性生活(ソロ限定)は常にサバイバルなのですね。
知識も妄想力も人数倍なのに環境としてはいたって抑圧的。なんとかわいそうな。
まあどれだけ隠してても、最終的には文に見つかるところまで決定事項ですので、諦めてください。
でも阿求さん見つかったら見つかったで、だからって今後我慢することなんてできないし、と逆に誘って襲わせて既成事実作って責任取らせそうですね。あれこの構図どこかで見たような

ルナさんが耳年増でえろくてむっつりでMでひとりえっちが止められないなんていったい誰がそんなことを言ったのですか! はい! あきゅい!
でもルナさんの場合は見つかったらひたすら萎縮して逃げそうです。

それはもうお世話になってますよ。もっとお世話になりたいくらいなんですが、最近はアリスさんもガードがかなり強固でして、さすがの私も苦戦しています。でも壁は高いほど燃えますからね!

「えー大卒なのに好感度反転テクもできないんですか〜」とか社会に出たら言われますよ! 天狗社会だと!
新聞にもきっと「最近の学生は伏線としての罵倒さえできない」とか嘆きの語調で書かれているに違いありません。こわい世界ですね。
アリスさんそれは紅魔館に見事に丸め込まれているというのでは
さすが幻想郷一番のお人好しなだけはあります。お見事な取り込まれっぷりです。でもメイド妖精からはかなり純粋に好かれてそうな感は。
アリスさんは人形プレイに慣れてることもあって、並大抵のテクニックではアリスさんを満足させることなんてできないのです。それこそ鍛えられたメイド妖精4〜5人くらいでかかってやっとソロプレイと同レベルくらいの
まあ咲夜さんならそれでもなんとかしてくれると思います。

忙しすぎる咲夜さんに、理解はしていても不満に思っちゃう、というのは咲夜さんカップリングの王道の王道ですね。
ほとんどの場合咲夜さん相手ができても紅魔館に残ってますねそういえば。咲夜さんがいなくなったら事実として紅魔館の秩序は維持できなくなると思うので、お嬢様あまり頼り切りもどうかと思います。
でも咲夜さんがいるのに次の人なんてそうそう探す気にはなれませんね!

というわけで2週間後になってしまいましたがりんくう話は完成しましたました!
さっそく創想話のほうでコメントありがとうございましたー!
楽しんでいただけてよかったです。ほっとしております。ほ。
いえはたてさんが病んでるとは思わないのですが、なぜかそういうシチュエーションにつながりやすいなというこのアレ。アレですアレ。



>久々に来てみたらKanonのえっちぃはなしがなくなってるorz
>公開停止しちゃったんですか〜?

>ももせなとってもおもしろいです。
>続きを楽しみに待ってます♪

えーと……
思い出すのに時間がかかりました、そういえばいくつかありましたね!
意図的に停止した覚えはないのですが、すでにどこにあるかもわかりませんという状態ですごめんなさい。すみませんWEBほったらかしで……

ももせなお楽しみいただきましてありがとうございます!
続きはあるかどうかまだ確定してませんが!
ありがとうございますー!
posted by 村人。 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事

2012年01月22日

十七条のおへんじ


>なるほど、良い考察だ
>できればそのまま三妖精に無邪気責めされて、野外羞恥プレイがクセになったあっきゅんも考察してください
>ステルス状態で引き回されるあっきゅんでもいいです

>さっきの追記です。
>ステルス&サイレンサー&レーダーとかなんて野外プレイ向きの能力なんだ
>レーダーでわざと人が来た時に能力を解除したりとかやりたい放題じゃないか

いくら人が来ないとはいえわざわざ外でするんですから、素質は十分にありますね。露出プレイ……なんと美しい響きか――!
阿求さん不満だったのは中途半端なタイミングで現れられて冷めちゃったせいかもしれませんね。現れるならもうイっちゃうというタイミングでですね、見られてるのにもう止まらないというタイミングでですね!
もう、阿求さんのえっち! へんたい! すてき!

三月精はみんなひとりえっちのときは能力をフル活用するというのは基本ですからね。
妖精は羞恥心薄そうなのでどちらかといえばおまけくらいのものでしょうけれど。
人間を攻めるのに使うには素晴らしいですねうふふ



>なにこれあきゅい。わかってて言ってる星、わかってない日、わかってるから言えない月。かわいい。

>せっかく1歩進んだのに百瀬君がへたれなのでなかなか進展しない展開とか、
>二代目百瀬こと、拓くん視点での「たく○○。〜ももせな。外伝」とか、
>「数学部の日常」「ルミ観察記録」とか、期待してます!

あきゅい。なんか新しい単語ができてしまいました。
阿求さんは間違いなくむっつり。阿求さんは間違いなくむっつり。
いやー三月精はピュアですねー(棒
あきゅい。

いやどれも楽しそうで困ります。
外伝も悪く無いですね。普通にやれば続編という感じですが、今回は脇役だった方々についてももっと、というのもいいなあと思ったりします。ます。
数学部の日常はもう別作品になりそうですが。



>なるほど、確かに阿求さんでもそりゃあ怒りますよね!
>屋外でなんて積極的な、とツッコもうと思ったのですが家の人がいっぱいいるのでしたね。なるほど。
>そして一人理解して目を逸らすルナチャかわいい。いや、多分スターも気づいているのでしょうが。きっと一人理解していないサニー。

>>アリスさんには特別
>なるほど、何とも文さんらしい商法です。100人に宣伝してからいけると踏んだ一人に猛烈アピールを繰り返すなんて。
>いや、きっとただの好意だとは思うのですけど。
>>一回で反転
>所謂ギャップルールですね。普段の信頼度が低ければ低い分、上手く反転させられれば好感度とかが跳ね上がるものですものね!
>ただし信頼を築くのはルナスコアラー霊夢さんを追い返すよりも難しいですがね!
>きっとアリスさんはパチュリー様のことしか考えていない小悪魔さんを信頼しているので問題ないです。しかしいろんな個体の小悪魔が働いていて、一人がいたずらっ子だったりしたら……。パチュリーさんに焼かれますねはい。
>アリニー特集を組んだらまず考察されるべきは人形を使うか否かという点が来る気がします。人形が汚れるじゃない、と否定する派と沢山の手で同時に弄れるじゃない、と肯定する派がいますし。
>ネタが本気になってくれると嬉しいです本当に。

>>「1」行動したら「10」帰ってくる
>ブーメランってレベルじゃないですね。まさにその通りなんですけども。
>行動すればするほど身動きが取れなくなるってまるで底なし沼ですね。
>しかしお嬢様の恋敵が咲夜さんってのもなかなか……って前に同じ話をした気がしますがどうでしたっけ。
>拓くんが数学部に捕まった世界ではきっと拓くんが十和田教授の助手となることでしょう。それはそれで見てみたいですが、しかしその世界ではきっとメイドイベントが回避されてしまうのでそれはもう痛いです。

>>予告作品未完のジンクス
>紅魔七日間戦争で打破されているので大丈夫ですよきっと!
>文さんが鍵を預かるのははたてさんを閉め出すためという意図があったのですが、迎えに来るための合鍵ですか素敵すぎます。
>ただし家には帰してあげない文さんさでずむ。それで文さんの家に入れてもらえるのならはたてさんは本望でしょうけども。

>by137が慧音のスペカということにギリギリまで気付かなかったmist

怒りますよね。上記の理由で。
阿求さん本人はむっつりで妄想力MAXなのに家の人はすごく厳格とかだったりすると非常に楽しい展開になりそうですね。そりゃあ外を選ぶというものです。
でも毎回筆を持ってるときにどうしてもムラムラきてしまうので我慢するのが大変らしいです。外に出るまで。
ルナさんも間違いなく阿求さんと同じタイプですよねなんかもうわかります。

アリスさんにはきっといろんな意味でお世話になってますからね文さん。
もちろん広報活動も相手を見て決めているに違いありません。アリスさんはなんだかんだで最終的には押せばながされてくれるとわかってるのでこんな感じです。
最初最悪から始める好感度反転はもう少女漫画もしくは少女系ラブコメ小説では必須単位ですからね。これをまず履修しないことには次に進めないというくらいに。
実際に狙ってやろうとするのは死亡フラグですけどねどう考えても。文さんってばチャレンジング。いやまあ素のまま行動してるだけですけど。
パチュリー様のことしか考えていない小悪魔さんを信頼するということは、すなわち、パチュリーさんのことを信頼しているということに。
まあパチュリーさんかなりからかったり遊んだりしますけど、なんだかんだでアリスさん楽しめるような内容ばかりなので問題ないのですね! ね!
アリスさん、そりゃあ、人形を操る能力があるんですから……使わないわけがないでしょう!! 誰だって自分の能力は活用しますよ、ええ。
単調になりかねないソロプレイを無限のバリエーションまで広げることができるのです。アリスさんの特権ですよね。

いやー行動に対してそれだけお釣りが帰ってくるようだと世の中のエネルギー不足は解消しますねえ。素敵です。
しかし世間の動向は咲マリ、そして咲アリへと向かいつつあるので、咲霊よりもはるかに重大な影響を与えそうです。どこかの幻想郷に関して言えば。
お嬢様的にはなんの問題もなさそうですが。いえ万一咲夜さんが紅魔館を離れることになったら大変そうですけど。

いえーいとりあえずりんくうの話は書き始めました。中編サイズ。
ラストまでのだいたいの展開は決まっているので、あとは細かい所がすっすっと埋まってくれるかどうかですねですね!
はたてさんが絡むとなぜかどこかしらヤンデレ的な展開の傾向がちらつくこの不思議。多少なら萌え要素なのでおkですね!
なんだかんだでいちゃついてるだけですしね!



> 日頃の鬱憤を晴らす…性的な意味で晴らすのですね!!

阿求さんはもうやったのでしょうか……
いや貧弱な体っぽいですしたぶん無理ですね。3人同時に相手なんてしたらどう考えてもやられにいくだけになってしまいますねますね。
やられにいきたいですね。
posted by 村人。 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB拍手お返事